2010年06月16日

会期通り16日に閉会する方針 予算委、党首討論とも行わず…野党側猛反発(産経新聞)

 民主党は14日、今国会の会期を延長せず、会期通り16日に閉会する方針を固めた。民主党の樽床伸二国対委員長が同日午前の与野党国対委員長会談で、野党側に通告した。

 樽床氏は、会期を1日だけ延長して衆参両院の予算委員会で質疑を行うとしたこれまでの日程案の撤回を伝え、予算委開催に替わる案として野党側に示していた党首討論も取り下げた。 これに対し、野党側は強く反発している。会談後、野党6党の国対委員長は国会内で急遽(きゆうきよ)、共同記者会見を開催。自民党の川崎二郎国対委員長は、事務所費でキャミソールや漫画を購入していた荒井聡国家戦略担当相を念頭に「答弁できなくなった閣僚が出たからではないか。与党側の横暴だ」と批判した。

 公明党の漆原良夫国対委員長は「ぼろが出ないうちにという選挙至上主義だ」と非難。共産党の穀田恵二国対委員長も「最初から国民の声を聴くことを拒否する内閣とは恐れ入った」と揶揄(やゆ)した。

 また、自民党は14日昼の緊急役員会で、午後の代表質問後に与野党幹事長会談の開催を求め、与党側に国会日程について再協議するよう求める方針を決めた。

【関連記事】
与野党国対委員長会談、会期延長は決着先送り 
国会会期延長 折り合い付かず
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線
郵政改革廃案? 溝深まる2人
国会会期延長 にらみ合う与野党
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

丹羽氏の大使起用を承諾=政治主導に懸念の声も―中国(時事通信)
複数擁立見直しに慎重=民主選対委員長(時事通信)
甲信越3県の地ビールに金銀銅賞 ジャパン・アジア・ビアカップ(産経新聞)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
「ファシズム」など批判的投稿 県教委の賠償、減額が確定 最高裁(産経新聞)
posted by 聖なる海のサンシャイン at 19:42| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)

 愛知県西尾市の資材置き場から4月、長野市の建設業、金文夫さん(当時62歳)ら一家3人の遺体が見つかった事件で強盗殺人などの罪で起訴された男が、同月に沖縄県浦添市出身の宮城浩法さん(同35歳)が長野市内で遺体で見つかった事件にも関与していたとして、長野中央署捜査本部は31日、男ら2人を死体遺棄容疑で逮捕した。捜査関係者によると男は容疑を認めているが、宮城さん殺害は「別の男がやった」と供述しているという。【大島英吾、小田中大】

 逮捕されたのは▽金さんの事件で起訴された長野市真島町真島、会社員、伊藤和史被告(31)▽神戸市兵庫区荒田町、原田一正容疑者(35)。逮捕容疑は08年8月下旬、長野市若宮の倉庫に止めた車に宮城さんの遺体を遺棄したとしている。

 捜査関係者によると、伊藤容疑者は宮城さんの知人の男の名前を挙げ、「男が宮城さんを関西方面で殺害し、自分は遺棄を手伝うよう指示された。遺体は(男と原田容疑者の)3人で運んだ」と供述している。原田容疑者は遺棄容疑を否認しているという。

 二つの事件の端緒は金さんの親族が3月26日に出した一家3人の捜索願。県警が4月10日、金さんが経営する会社が借りていた長野市の倉庫から頭を殴られ殺害されたとみられる宮城さんの遺体を発見。金さんの会社の従業員だった伊藤容疑者らの供述に基づき同14日、西尾市内に埋められていた金さん一家3人の遺体を発見した。

 長野地検は5月26日、金さん一家を自宅で殺害し現金約416万円を奪ったうえ遺体を埋めたとして伊藤容疑者ら4人を強盗殺人と死体遺棄の罪で起訴。地検によると4人のうち2人は金さんに借金があった。

【関連ニュース】
【関連記事】貸倉庫殺人:長野の不明3人を捜索 愛知で遺棄情報
【関連記事】貸倉庫殺人:愛知で3遺体発見 遺棄容疑で4人逮捕
【関連記事】愛知・遺体遺棄:容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認
【関連記事】愛知3遺体遺棄:逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述
【関連記事】愛知3人遺棄:強殺容疑で4人再逮捕 長野県警

石綿訴訟 国控訴で原告団怒り 「地獄に突き落とされた」(産経新聞)
覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
殺人 弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
<盗撮容疑>千葉市職員を逮捕「10年前から」(毎日新聞)
posted by 聖なる海のサンシャイン at 22:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

見当たり捜査員 指名手配500人を追って雑踏に(毎日新聞)

 1枚の写真を手掛かりに大都会の雑踏に潜む容疑者を割り出す職人がいる。警視庁捜査共助課の「見当たり捜査員」だ。約500人の指名手配容疑者の顔を頭にたたき込んで街頭に立ち、行き交う人の波に目を凝らす。DNA型鑑定などの科学捜査が重視される昨今でも、地道な捜査手法は欠かせない。

【逃亡者の周辺】写真脳裏に焼き付け、街回る捜査員(08年10月)

 ゴールデンウイーク明けの午後、東京都内のターミナル駅前の交差点。見当たり捜査員が2人1組で、買い物客らに鋭い視線を送っていた。繁華街になじむよう、ジーンズにシャツのラフな格好。まず刑事とは分からない。

 この日は朝から夕方までの捜査で、容疑者を発見することはできなかった。3カ月以上、何の収穫も得られないこともあるという。「『必ず現れる』と前向きに考えることが、集中力を保つ秘訣(ひけつ)」と捜査員は言う。

 見当たり捜査は大阪府警が70年代末に始め、警視庁も01年から導入した。警視庁が昨年逮捕した指名手配容疑者808人のうち、65人が見当たり捜査による逮捕だった。今年は強盗傷害事件の容疑者を公訴時効10カ月前に発見するなど既に32人を逮捕している。

 捜査は記憶力が勝負だ。捜査員は小さく切り抜いた手配写真約500枚を持ち歩き、毎日朝と昼に2時間ずつ、虫眼鏡で見て顔の特徴を覚える。ポイントは目。ベテランの大木幹雄警部(57)は「変装や整形をしても、目元だけはごまかせない」と言う。

 いつ、どこで容疑者と遭遇するか分からないので、仕事と休日の境はない。家族と遊びに出かけても、気付くと目が群衆を追っている。実際、仕事帰りに容疑者を発見したこともあるという。

 「逃げ得は決して許さない」。日焼けした顔の男たちが今日もどこかの雑踏で目を光らせている。【内橋寿明】

【関連ニュース】
【未解決犯罪特集】忘れない 「未解決」を歩く
【未解決犯罪特集】忘れない 「未解決」を歩く アーカイブ
「逃亡者」の周辺:凶悪事件 指名手配容疑者の7割、5年以上逃亡
主な未解決事件一覧

<陸山会事件>小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)
仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
小学生の携帯代増加=「月3、4千円」が最多―PTA調査(時事通信)
posted by 聖なる海のサンシャイン at 10:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。