2010年01月09日

ウマヅラハギ 福井沖で大漁 エチゼンクラゲの副産物(毎日新聞)

 淡泊な白身と濃厚な味の肝で鍋物などに珍重されるウマヅラハギの大漁が福井県沖の日本海で続いている。好物の餌はクラゲで、地元の漁師の間では「2年ぶりに大量発生したエチゼンクラゲがもたらした副産物」と、話題になっている。

【関連写真特集】エチゼンクラゲが若狭湾に クラゲを食べるウマヅラハギの群れも 09年8月

 ウマヅラハギはフグ目カワハギ科の魚で、今が旬。漁師らによると、昨年10月ごろからよく取れるようになった。福井県美浜町の日向漁協では、ふだんなら1トンの水揚げでも豊漁とされるが、先月下旬には5トン以上の水揚げがある日もあった。宴会が多い時期で需要も多く、値崩れも少ないと喜ばれている。

 体長が1メートル以上にもなる大型クラゲ・エチゼンクラゲの副産物として、同県沿岸では確認されることの少ないウミガメの一種でクラゲを餌にするオサガメが秋以降に相次いで確認されていることも話題になっている。

 同県小浜市沖の若狭湾で定置網漁をする浦谷俊晴さん(40)は、「これほどのウマヅラハギの大漁は記憶にない」と指摘し、「エチゼンクラゲはいないに越したことはないが、環境は変化している。それに対応して漁もやっていかなければならない」と話した。【高橋隆輔】

【関連ニュース】
<エチゼンクラゲの話題>ズワイガニ漁解禁:関係者を悩ませるエチゼンクラゲ 09年11月
<エチゼンクラゲについて>質問なるほドリ:エチゼンクラゲ、今年は大発生するの? 09年7月
<エチゼンクラゲについて>質問なるほドリ:エチゼンクラゲ、なぜ太平洋側まで? 09年11月
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】にぎわいの季節:海にあふれる生命 子孫を残す

としあきのブログ
タクシー運転手のまたーりぶろぐ
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
posted by 聖なる海のサンシャイン at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。