2010年02月11日

大阪市職員また処分60人 市営住宅住み税金滞納、最高207万円(産経新聞)

 大阪市は10日、市税や市営住宅の家賃、医療費の自己負担分など計約1300万円を滞納したとして、職員60人を停職や減給の懲戒処分にした。差し押さえをするなどしているが、現在も約550万円が回収されていない。最高額は、家賃と医療費を滞納していたこども青少年局職員の207万円。市は平成19年6月にも市税などを滞納したとして職員80人を処分したが、うち8人が再び処分対象となった。

 市は「職員としての自覚に欠け、市民の信頼を著しく失墜させた」と陳謝。10日に市の懲戒処分指針を改正し、市が徴収する債権の滞納を繰り返した職員は「停職または減給」とする新たな規定を盛り込んだ。

 滞納したのはこのほか、市立保育所の保育料や水道料金・下水道使用料。19年4月から昨年10月までに給与を差し押さえられたり、6カ月以上滞納したりした職員が処分の対象となった。内訳は、停職20日=6人▽停職10日=2人▽停職5日=8人▽減給10分の1、1カ月(現業職員は1日分給与の半額)=44人。

 市営住宅の家賃滞納では、2人が市に明け渡しを求める訴訟を起こされていた。部局別で最も処分者が多かったのは市教委の22人で、うち16人が教員。次いで環境局が20人だった。

【関連記事】
そこまでしますか? 大阪市職員の通勤手当不適正受給は300人超
大阪市職員“ぬるま湯体質”いまもなお
大阪市職員130人処分、新たに不正契約438件 総額2.7億円
今年3人目…覚醒剤「運び屋」の大阪市職員を懲戒免職
忌引休暇を悪用、大阪市職員「3年半で親族6人死亡」偽り停職

「1Q84」 「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
首都圏連続不審死 「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着(医療介護CBニュース)
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)
posted by 聖なる海のサンシャイン at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。