2010年03月02日

「重大な結果、痛惜の念」=相談への対応強化−警視庁(時事通信)

 捜査怠慢を認定した東京高裁判決を受け、警視庁の桜沢健一警務部参事官は24日、「被害者の死亡という重大な結果となり、痛惜の念を感じる。ご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に心からお悔やみ申し上げる」とのコメントを発表した。今後の対応については「判決文を精査し、最終的な方針を決めたい」とした。
 同庁によると、事件後、相談を受けたり、家出人捜索願を受理したりした際の対応を強化。各警察署への巡回指導や実務講習を通じて事件性の有無を判断するための能力の向上を図っている。 

シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)
自民様変わり「派閥」に代わって「勉強会」(産経新聞)
<窃盗未遂容疑>ガラスで指けが 血痕たどって男逮捕 静岡(毎日新聞)
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日(産経新聞)
<放火>男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都(毎日新聞)
posted by 聖なる海のサンシャイン at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。